学生ローンの返済方法について

学生ローンの金利
学生ローンの利率は、15.6%~18%が平均的な水準ですが、概ね18%での契約が多いようです。
18%というのは月利にして1.5%ですので、10万円を1ヶ月間利用すると1,500円の利息となります。月々の利息は、残高に対して計算されますので、残高が減っていけばその分利息も安くなります。ですので、余裕がある時はなるべく多めに返済するように心がけましょう。



学生ローンの返済方法
学生ローンの返済方法は、元金自由返済方式という特殊な返済方法を採用しています。
元金自由返済とは、1ヶ月に一度、最低利息分以上を返済すれば、後は毎月自由に返済額を自分で決められるというものです。
大手消費者金融等で採用する元利均等リボルビング方式や、残高スライドリボルビング方式と比べると、月々の最低返済額が大幅に楽になります。(ただし、利息だけの支払いではいつまで経っても残高が減らないので注意しましょう)
因みに、元利均等リボルビング方式とは、利息と元金を合計した月々の返済額を固定して支払うというものです。これのメリットは返済計画が立てやすい点と、確実に残高が減っていく点ありますが、デメリットは残高によって返済額が決まるのではなく、契約金によって返済額が決まる為、月々の返済額に負担がかかります。「契約金によって」というのは、例えば50万円の契約で実際の利用は5万円だったとしても、50万円の最低返済額(およそ15,000円)が必要になるわけです。

これに対して残高スライドリボルビング方式とは、残高によって返済額が決定する方式です。
メリットとしては、残高によって返済額が決定する為、月々の返済額が抑えられる一方、デメリットとして、月々の返済額が少なくなる為、完済するまで時間が掛かるという点があります。
因みに残高スライドリボルビング方式の場合の、月々の返済額見直しは、返済によって減った分については見直されません。追加融資を受けた際に、その時点での残高で見直されます。

大手消費者金融の採用する返済方式は、確実に元金も減る方式ですが、自由度に欠けるという欠点があります。
特に学生さんは試験を目前に控えた時期等、アルバイトがなかなかできない場合もあり、反面では社会人よりも休みが多い為、集中してアルバイトができる月もあるわけです。
学生ローンの採る「元金自由返済方式」は、自分のペースに合わせて返済ができる大変小回りの利く返済方式なのです。
ただし、前述のように利息だけの返済では、いつまで経っても完済しません。
返せる時はなるべく多めに返済するように心がける事が大切です。

サイト内関連記事

学生ローン簡単解説
■学生ローンとは 学生ローンとは学生さん専門の消費者金融です。外国では学生ローン......
学生ローンの申し込みと必要書類
■学生ローンの申込について 学生ローンの申し込みは、店頭申込・電話申し込み・イン......
申し込み留意点
振込融資を希望する場合、下記2点にご留意下さい。 1.お急ぎの方 当日融資希望の......
学生ローン選びのコツ
さて、これまでのページをご覧頂いた上で、学生ローンの概要はおおかたご理解頂けたで......
学生ローンについて考える
学生ローンと言うとイメージは良くはないですよね。 借金=悪というイメージはどうし......

▲このページのトップへ